ホーム > 歯周病治療について

歯周病治療について

もしかしたら、歯周病かもしれません

もしかしたら、歯周病かもしれません

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に歯垢(プラーク)がたまり、そこに発生した歯周病菌(細菌)に感染することによって起こります。歯垢はやがて歯石となって、歯周病菌の巣となります。
はじめは歯ぐきが腫れ、進行すると歯が溶けることによって歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」という隙間ができます。さらに進行すると、歯周ポケットが深まり、歯が生えている骨まで溶け、歯がぐらぐらになり、ついには歯が抜けてしまいます。
つまり、放っておくと歯を失ってしまう大変な病気なのです。
こんな症状があったら要注意です。

  • 数日前から歯が浮いた感じがする→噛もうとしたら痛くて噛めない
  • 歯ぐきが急に腫れた
  • 歯みがきをしたら出血があった
  • 口の中がにおう感じ、ねばねばしている感じがある

歯周病になりやすい年代

歯周病になりやすい年代

20年前は、40歳代から歯周病にかかり始める方が多かったのですが、現在は年齢が下がり、30歳代でかかる方が増えています。
子どもさんでも歯肉炎(歯周病の前段階)になるケースが見られます。また、高齢者など免疫力の下がった方が感染すると、他の重大な病気に至るきっかけとなり得ます。

虫歯はなくても、歯周病になる方はいらっしゃいます。気になる症状があったら、早めに検診にいらしてください。

歯周病の治療方法

歯周病は、みがき残しによる歯垢(プラーク)とそれが固まった歯石が原因で起こります。歯周病の治療は、以下のようなステップで行います。

歯周ポケットの深さを測り、レントゲンで歯と歯の下の骨が溶けていないか調べます。口腔内写真を撮り、患者さんに現状を把握してもいます。

スケーリング(歯周ポケットの中の歯石をとる)、ルートプレーニング(歯の根元を平らに滑らかにする)処置を行います。
* 必要な場合は外科的な処置(歯周ポケットを切るなど)をします。

ご自宅で毎日、指導された歯みがき方法を守って行います。

患者さんの歯みがき方法や、歯みがきするタイミングや回数、食生活などをお聞きし、適切な歯みがき指導をします。

治療終了後、3ヶ月後~半年後に来院していただき、検診や歯石とりなどの治療を受けていただきます。

歯周病の予防方法について

歯周病の予防方法について 毎日の歯みがきこそ、歯周病の予防に有効です。

「歯みがき」と一口にいいますが、「みがき残しなく・歯ぐきを傷つけず」みがくことは、自己流ではなかなかできません。
当院では、うるさいほど「歯みがき」の指導し、歯周病の予防に努めています。
また、定期的にメンテナンスをすることも有効です。